幸せおバカな ぐ~だライフ♪

~柴犬3匹の暮らし~ 末っ子は股関節形成不全 左脚は人工関節です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

るん 左股関節脱臼 その2 

 

6月20日
薬がなくなり、痛みや震えはおさまらず
もう一度同じ病院へ行った。

今度は違う先生が診てくださったが
結局前回と同じ診断。

そこでまた、
「レントゲンをかけるほどでもないし、
柴犬はオーバーだから」と…

ちょっと腹がたった。
柴犬はオオカミ少年なのかよ!!
バカにすんなよ!


「靭帯が緩んでるかもしれないけど
レントゲンではわからないし
安静にさせてあげないと治るものも治らないよ」って。

まぁ、ごもっともですけど。

結局20日の日も痛み止め3日分だされ
「3日もしたら痛みもひくでしょう。」って。

それから土日をはさみ、みんなでゆっくり安静にすごした。

6月24日 月曜日
私は仕事を休み、るんに付き添い
ご飯をたべさせ、水を飲ませる。
土日の時点で自力で歩くことをしなくなっていた。
なので小屋から出して寝かせていた。


1403666752569.jpg


夜8時半頃
まるとこまのガウりあい始まった瞬間
驚いたるんは飛び上がってしまった。

いつも以上の悲鳴。
足の角度が変。

これ、膝じゃなくて股関節だとすぐわかった。

掛かりつけの病院は受付終了してたから
夜間救急に問い合わせ向かうことにした。

道中、掛かりつけの病院の前を通り、
まだ人がいた。

その掛かりつけの病院に駆け込み
ちょっとよく覚えていないくらい泣き叫んで
診察をお願いした。

診てくれることになった。
良かった。

今回また違う先生が診察

もうその時、るんは立つこともできず歩くこともできないのに

「脱臼してたら、力もはいらないし、ぷらぷらになるし…」
とかいろいろ言ってたけど、パニックだから…わたし。

でも明らかに、足の向きおかしいでしょ!!!!!!!


と、るんを預けた。
扉の向こうから泣き叫ぶるんの痛々しい悲鳴
それを聴き、また涙あふれるし…

パパが一緒でよっかた。


~~~数分後~~~

レントゲンの写真をみせられた。

先生も、まさかの顔して
「脱臼してた。」って。

ほらー!私言ったじゃないですかー!
ってちょと叫んでしまいました。反省。

思いっきり、股関節外れてたよ。
素人がみてもわかるくらいね。ひどく。

これは麻酔がないと治せないといわれ、
血液検査のあとすぐ麻酔をかけられて治療がはじまった。

無事終了

またレントゲンを見せられた。
もとに戻ってたけど、どうも両膝も両股関節も
はまりが浅いみたいで関節がこすれて炎症起こしてるって。

これは、生まれつき遺伝のものだということが分かった。
またなる可能性はあるし、右足もなるかもしれない。

もし外科手術になると・・・
金額聞いてびっくりしちゃった。


るん左股関節脱臼 (5)


3本足でうまく立てないし、
おしっこしたいのにうまくできないし、


るん左股関節脱臼 (6)


ほんとに可愛そうなことになってしまった。

もっと早くレントゲン撮ってくれてれば。とか、
もっと昔から気づいてあげていれば。とか、
今更考えてもしょうがないことを
頭の中ぐるぐるまわってしまったけど、
今後、どうしてケアしていくかを考え
再発しないようにサポートしていきゃなきゃ。


るん左股関節脱臼 (7)


ストーリー仕立て記録は終了です。


スポンサーサイト

category: 病気

thread: 柴犬 - janre: ペット

tb: --   cm: --

△top

タイトル - コピー - コピー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。